印鑑素材の、素材ごとの違いについて

印鑑素材には、木・牙や角・金属など、さまざまなものがあります。素材ごとに使い心地には違いがあります。同じ木材の中でも、薩摩本柘は耐久性・値段・捺印性などのバランスがよく人気の高い素材です。黒檀は少し高級になるものの耐久性には非常に優れ、一生使っていく印鑑にできます。

角、牙系では、水牛の角が素材として一般的です。水牛の角は、透明度の高いものから斑点のあるものまでバリエーション豊かです。角の芯に近い部分が特に高級とされています。真っ黒い黒水牛のものもあります。また、希少性の高いマンモスの角を使って作られた印鑑もあります。発掘されたマンモスの角を加工して印鑑にしています。

印鑑には金属製のものもあります。金属の種類にはチタン・メタル・樹脂といったものがあります。チタンは強度が非常に高く耐久性に優れているところが特長です。捺印性も高いです。メタルはカラーが豊富で鮮やかな色の中から好きなものを選ぶことができます。チタンと同じく耐久性も高い素材です。アクリル樹脂の印鑑もまた、カラーバリエーションが豊富です。透明度が高く、飴玉のような風合いで一つの印鑑に複数のカラーが混ざったものもあります。琥珀樹脂で作られたハンコも、赤みを帯びた半透明で芸術的な見た目をしています。

カテゴリー