初心者が網戸の張替えをするときのポイントを丁寧にお伝えします

網戸は住んでいるうちにだんだんと薄汚れて見えてきたり、何かの拍子で破けてしまったりすることも多いものです。大規模マンションなどでは、定期的に網戸の張り替えはマンションの管理会社が業者に依頼してくれて一斉に行う場合もありますが、個人宅の場合ですと、ご自分で業者を探して依頼をするか、自分の手で張替えに挑戦をしてみる場合も多いです。初めてだと一見難しそうですが、ネットなどを検索してみると、張替え方法を教えてくれる動画などもアップされていたり、手順や方法を説明してくれるサイトも多くありますので、ネットを上手に活用すれば決して個人でもできないことはありませんので、ご検討をしてみると良いです。ただ網戸の張り替えには、必要な物を準備しておかなければなりませんので、確認して事前に購入するなどは必要です。

張替える時に必要な網の効果で選ぶ

専門店でなくても、ホームセンターなどに立ち寄って、日曜大工などのコーナーをのぞいてみますと、網戸の張替えに必要な材料など、一通りの工具類なども合わせて揃えることができますので、ご家庭に必要な工具がない場合には行かれることをお勧めします。網戸を選ぶときの材料というのは、色と網の目の大きさを考えてから選ぶことになります。一般的に多いものはグレー系ですが、他の色も販売されていて、たとえば黒色の網戸を使うと、家の中からは外が綺麗に見通せることで効果があります。また外側が銀色で内側が黒いタイプの両方の色の網戸の場合だと、外から部屋の中が見えずに、室内から外が見渡せるという効果があります。このように網戸を張替えることで内外への見た目の効果も変わりますので、ご自宅にとっての最適な効果を生む活用をすることが大切です。

網戸の張替え手順をしっかりと調べてイメージしておく

網戸の張替えには網の部分の他に、網を押さえるゴム製の部品も必要です。これはサッシ幅によって選ぶゴムの太さが違ってきますので、自宅のサッシに合う物を確認してから選ぶことが大切です。また張替えには押さえローラーという網戸専用カッターの道具も必需品として使われていますので、事前に用意をしておきます。作業手順としては、押さえているゴムをまずは浮かせて古い網を外してから、購入した新しい網をクリップなどで同じ場所に固定します。少し網は余裕を持たせたサイズになるように、専用カッターで切っていきます。そのあとは、押さえのゴムをまたサッシの隅に押し込んでいきながら網を張って固定して、余ったゴムはローラーを使って中へと押し込みます。最後に余分な網をカットして微調整をしていくという流れです。ネットなどの詳しい動画などを見て、イメージをつかんでから作業するのもおすすめです。