初心者でも網戸を短時間できれいに張替える裏技を解説します

夏場に風を通して虫を通さない網戸ですが、長年そのままだと汚れるし目詰まりするのでいい事がありません。定期的に張替えるのがベストなのですが、いちいち業者を探して頼むのは面倒ですし費用がかさみます。だからと放置している方が多いようですが、網戸の張替えは実は意外と簡単に出来る物です。用意する道具も張替え用のネット、網戸クリップ、ローラー、網戸用ゴム、網戸専用カッター等がありますが、ネットやゴムはともかく、クリップやカッターは言えにある物でも代用が可能です。またローラーは外周の大きさが左右で僅かに違うので、どちらが大きくどちらが小さいかは事前に確認しておくと良いでしょう。またネット自体も色味によっては表と裏がある場合があります。購入する時に商品に書いてある注意書きを確認しましょう。

網戸を張替えるときの基本的な手順と注意

網戸を張替える手順は、まず古い網戸用ゴムとネットを取り外し、サッシ本体を洗浄、新しいネットをサッシに重ねてざっくりとカット、新しい網戸用ゴムを取り付けてネットを固定し、ネットのたるみの修正を行ったら、余分なネットをカットする。大雑把にはこうなります。外での作業になる為、晴れか薄曇りが望ましいでしょう。またネットの切り口は意外と鋭い為、可能ならカットする時は軍手等で手を保護する事が望ましいです。またこれは仕上がりの問題になりますが、網戸の理想は緩すぎず、けれど張りすぎず。初心者がやりがちなミスとして一番多いのは、ガチガチに強く張り過ぎて、すぐに破れてしまう事です。しっかりピンと張ってしまいたくなるものですが、そこを抑えて気持ち緩めに張るように気を付けましょう。

網戸を張替える時の細かいポイント

さて網戸を張替える時に一番気を付けなければいけない事は何でしょうか。そう、せっかく張ったネットも、よれていたり端に隙間があったりしては台無しです。そんな悲しい事を防ぐ為に、サッシにネットを合わせて大雑把にカットする時点で、しっかり平行と水平を合わせて固定しておくことが大切です。その為に有効なのは、まず四隅をL字のゴムで仮止めしておく事でしょう。そして隅を止めるときにやってしまいがちなのが、クリップできっちりと張りながらゴムを押し込んで止めてしまう事です。一見しっかりと止まって良いように見えますが、あまりに遊びの無い状態でゴムを押し込んで止めると、ネットが引っ張られ過ぎて目が広がってしまいます。そして目が広がってしまうと、その後の作業でよれる原因になってしまうのです。なので、クリップで止めるのは4辺の真ん中あたりにしておいて角はフリーにしておく方が良いでしょう。